STRUCTURE

建物全体をしっかり支える強固な基礎概念図
建物全体をしっかり支える強固な基礎

建物全体をしっかり支える強固な基礎

N値(エヌチ)50という硬い地層が5m連続する、建物の重さに充分耐えられる地中深くの支持層まで、場所打ちコンクリート杭を貫入し、支えています。これにより、地震時には、揺れに抵抗できる強度と剛性を確保しています。

LL−45等級の遮音性能の二重床構造概念図

LL−45等級の遮音性能の二重床構造

上下階住戸へ生活音の伝わりを軽減するため、床スラブ厚を250mm以上(水まわりは150mm)確保。さらに、LL-45等級の置床式二重床を採用することによって、遮音性に優れた建物構造を目指しています。

遮音&断熱&結露防止の外壁・戸境壁概念図

遮音&断熱&結露防止の外壁・戸境壁

躯体のコンクリート厚を、外壁120mm以上、戸境壁150mm以上に設定しました。また、外壁部には断熱材を入れ、断熱性、省エネ効果を高めるとともに、結露の防止にも努めています。
※タイプにより一部異なる場合があります。詳しくは係員にお尋ねください。

コンクリートかぶり厚概念図

コンクリートかぶり厚

鉄筋を雨から守るコンクリートの厚み「かぶり厚」は、法律で[柱梁30㎜、その他の部位20㎜〜60㎜]の厚さが義務づけられています。「アーバンパレス新宮中央駅前」は、30㎜〜40㎜のかぶり厚で建物を保護しています。

消音効果を高めた排水設備概念図

消音効果を高めた排水設備

水廻りと居室(LD以外)の壁は可能な限り天井・床スラブまでプラスターボードを貼り伸ばし、また、排水立て管には、遮音シートを巻き遮音効果を高めています。

耐震壁のダブル配筋概念図

耐震壁のダブル配筋

地震時に建物にかかる水平力が作用する耐震壁に、よりねばり強さを発揮する二列配列のダブル配筋を採用しています。
※一部壁を除く

堅牢な鉄筋コンクリート造概念図

堅牢な鉄筋コンクリート造

柱や梁、壁に流し込むコンクリートはセメント量に対して加える水分量を55%以下に設定して、コンクリートの収縮を低減。建物の耐久性を高める、より堅牢な造りになっています。

マンション全体を包む断熱構造概念図

マンション全体を包む断熱構造

住戸内の冷気や暖気を逃がさないようにすることが夏は涼しく、冬は暖かく暮らすポイント。外壁全体に断熱材を採用。

耐久性の高いコンクリート概念図

耐久性の高いコンクリート

主要構造体である柱や梁に、27〜42N/㎟のコンクリートを採用しました。緻密で劣化しにくく、耐久性の高いコンクリートです。

防音性に優れたサッシ概念図

防音性に優れたサッシ

毎日を快適にお過ごしいただけるよう、外部からの音を軽減する防音サッシを採用しています。

対震玄関ドア枠image

対震玄関ドア枠

地震で玄関のフレームが変形しても、玄関ドアが開く対震ドア枠を採用。万一の住戸内への閉じ込めを防ぎます。